ホーム 福祉ボランティアセンターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都

ホーム > 学びたい(専門職の方向け) > 認知症介護実践者研修

認知症介護基礎研修


研修名
認知症介護基礎研修
概要

1 目的
  認知症介護に携わる者が,その業務を遂行するうえで基礎的な知識・技術とそれを実践する際の考え方を身につけ,チームアプローチに参画する一員として基本的なサービス提供を行うことができるようにすることを目的とする。


2 研修内容
(1)受講資格
本研修受講中,京都市内の介護保険施設,事業所等で認知症介護に携わる介護職員で,研修開催日時点において介護現場経験が3年未満である者
※次の者は受講できません。
 ・本研修修了後に京都市内で認知症介護に携わる予定であっても,申込みの段階で京都市外の介護保険施設,事業所等で認知症介護に携わっている者

(2)目標
ア 認知症の病態及び症状に関する基本的知識及び認知症介護における基礎的技術を身につけ,認知症の人を理解し,具体的な介護を提供するときの判断基準となる原則に応じて認知症の人への基本的なサービス提供を行うことができるようになる。
イ 協働するチームの一員として,チームリーダー等の指示の下で業務もしくはサービス提供を行い,提供したサービスについて適切に説明・報告を行うことができるようになる。
ウ 地域の福祉・医療に関わる施策の概要を理解し、施策における自施設・事業所と自身の役割を理解できるようになる。

平成30年度第1回の申込用紙を使用してください。
■  第1回募集要項(基礎研修)
■ ◆‖1回申込書(基礎研修) ※定員に達したため募集を締め切りました。

開催回数
●年2回 (各回52名) 
担当者よりメッセージ

認知症を学ぶ上で必要な「ここだけは」という基礎知識のポイントを,講義と演習を通じて学んでいただきます。昨年までは現場経験2年未満としておりましたが今年度より3年未満と幅を広げ,改めて原点に立ち返りたい方にもぜひ受講してもらえたらと思っています。

講師からだけでなく,受講生同士で刺激し合い新たな気づきを得られたり,互いに学びを深める良い機会となっています。
アクセス・交通 プライバシーポリシー